特殊車両通行許可

 

 車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、

幅、長さ、高さ及び総重量のいずれかが一般的制限に示す

一般的制限値を超えたりする車両を「特殊な車両」といい、道路を通行

するには特殊車両通行許可が必要になります。

  

特殊な車両を通行させようとするときには、通行しようとする道路の

道路管理者(国、都道府県、政令市、市町村)に申請し、

許可を得なければなりません。(道路法第47条の2第1項)

 

 下記の一般的制限値については、1つでも値を超えれば、許可が必要です

 


 一般的制限値表

 一般的制限値は、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度のことです。

 車両の諸元 一般的制限値(最高限度)

幅         2.5メートル

長さ       12.0メートル

高さ        3.8メートル

総重量        20.0トン

軸重         10.0トン

隣接軸重

・隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満は18.0トン

(ただし、隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上、

かつ隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5トン以下のときは19トン)

・隣り合う車軸の軸距が1.8メートル以上は20.0トン

輪荷重         5.0トン

最小回転半径   12.0メートル


特殊車両通行許可とは

特殊車両とは、車両の構造が特殊である車両や輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さおよび総重量のいずれかの

一般的制限値を超えたり、橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両のことを言います。クレーン車 特殊車両が道路を通行するには、特殊車両通行許可が必要になります。


 特車許可申請から許可までの流れ

1.必要書類

 申請にあたって揃えるべき書類は、新規、更新、変更申請のどの申請をするかによって違ってくるのですが、ここでは新規申請を想定した書類をご紹     介します。

 ○特殊車両通行許可・認定申請書

 ○車両内訳書(包括申請の場合のみ必要)

 ○車両諸元に関する説明書

 ○通行経路表

 ○通行経路図

 ○自動車車検証の写し

 ○軌跡図(超寸法車両のみ必要)

 その他上記以外の書類で、道路管理者(役所)から必要とされた書類

2.申請する

 申請にはオンライン申請と窓口申請があります。オンライン申請では実際に行政庁の窓口に出向く手間が省ける等

 メリットが多いと思います。

 申請書の提出先は、その申請車両が通行する道路によって下記のように異なってきます。

 ・出発地から目的地まで、ひとつの道路管理者のみの道路を通行する場合には、その管理者の窓口に申請します。

 ・国土交通省が管理する国道と、県が管理する県道など、通行経路が複数の管理者にまたがる道路を通行する場合、

  いずれかの管理者の窓口に申 請することができます。

3.手数料を支払う

道路管理者に申請するにあたって、原則申請書が受け付けられた時点で、手数料を支払う必要があります 

手数料を支払う必要がある場合とは、通行経路が2以上の道路管理者にまたがるときです。よって、車両の通行経路が国が管理する国道のみのルートの場合や、一つの県が管理する県道のみのルートの場合は手数料を支払う必要がありません。

4.道路管理者による申請内容の審査

申請書を受け付けた道路管理者は、特殊車両の通行の可否について審査します 

申請から許可(または不許可)までの標準処理期間は、下記の条件のすべて該当する場合、申請書記載の受付日から、新規申請・変更申請の場合は3週間以内、更新申請の場合は2週間以内となります。

条件①.申請経路が道路情報便覧に記載の路線で完結している場合

条件②.申請車両が超寸法車両及び超重量車両でない場合

条件③.申請後に、申請経路や諸元などの申請内容の変更がない場合

ただ、上記の条件がすべて満たされることは難しく、ほとんどの場合1カ月以上、場合によっては2,3カ月かかることもありますので、あくまで目安として覚えておいた方がよいかもしれません。

5.許可証の交付

通行が許可された場合、道路管理者から通行条件とともに許可証が交付されてきます。

オンライン申請の場合は、インターネットを利用して許可証データを受信することができるのでとても便利です。

一方、オンライン申請以外の窓口申請の場合は、わざわざ直接窓口に出向いて許可証を取りに行く必要があるので、オンライン申請に比べて手間がかかります。

また、万が一不許可になってしまった場合は、不許可通知書で通知されます。ただ、申請した時点で、道路管理者が許可することが難しいと判断した場合でも、不許可になる前に管理者から事前に指示があり、そこから許可にもっていくように修正し、不許可になることを回避できる場合も多いです。

当事務所は、特殊車両通行許可申請を専門としている行政書士事務所です。


★特殊車両通行許可申請
新規申請(オンライン) 15,000円(1台・往復)
新規申請(窓口) 20,000円(1台・往復)
更新 10,000円~
変更 10,000円~
経路追加 5,000円(1経路)
軌跡図作成 5,000円
荷姿図作成 5,000円
制限外積載申請 お見積り(管轄の警察署申請)
・上記報酬は目安ですので、詳細は初回のご相談時にお見積いたします。
・複数台割引、複数経路割引もいたします。