中古車新規登録


中古車新規登録とは、自動車を廃車(一時抹消登録)した後に再び公道を走らせたいときに必要な手続きです。

以前登録を受けており、現在は一時抹消登録中の自動車を使用しようとするときは、

使用の本拠の位置を管轄する運輸支局又は自動車検査登録事務所にて新規登録の申請をして下さい。

一時抹消をした車は車検証とナンバープレートを返納しています。

その車で再び公道を走りたい場合は、ナンバープレートの発行・車検証交付を受けなければなりません。

このナンバープレートの発行・車検証交付してもらう手続きが中古車新規登録です。


★必要書類  
申請書 OCRシート第一号
自動車検査票、保安基準適合証又は予備検査証  
手数料納付書 検査登録印紙700円を添付
登録識別情報等通知書または一時抹消登録証明書*1  
自動車通関証明書 輸入自動車の場合のみ必要
自動車損害賠償責任保険証明書 車検の有効期間を満たしているもの
譲渡証明書 所有者に変更がある場合のみ必要
自動車重量税納付書 運輸支局等窓口に備えてある納付書に重量税印紙を貼付
印鑑証明書 発行後3ヶ月以内のもの
使用の住所を証する書面 ・所有者と使用者が異なる場合のみ
・発行後3ヶ月以内のもの
(個人)住民票または印鑑証明書
(法人)印鑑証明書または登記事項証明書
委任状 代理人による申請の場合必要。実印を押印
自動車保管場所証明書 発行後1ヶ月以内のもの
*1 一時抹消登録証明書とは、平成20年11月3日以前に一時抹消登録をした場合に交付されていた書面。
★諸費用(実費)  
登録手数料 700円
検査手数料 *2
自動車重量税 新規(再)登録の際や車検の際に自動車の重量に対して支払う。
自動車税 *3 月割りで納めます。
自動車取得税 初年度登録より6年未満のお車はかかる場合が多く、
6年以上経っているお車は課税されないことが多いです。
ナンバープレート代 1,440円
*2 検査関係...【小型】400円(検査登録印紙)+1600円(自動車検査独立行政法人審査手数料証紙)
      【普通】400円(検査登録印紙)+1700円(自動車検査独立行政法人審査手数料証紙)
      【保安基準適合証】1100円(検査登録印紙)  
*3 自動車税は都道府県から課される税金です。4月1日の所有者に翌年の3月31日までの期間の自動車税の納税義務が課されます。
但し、年度の途中で自動車を新規登録により取得したり、抹消した場合には、月割で計算されることになります。
※その他の注意事項  
イ.自動車運送事業の用に供する自動車及びレンタカー登録の場合は、「事業用自動車等連絡書」が必要です。
ロ.車両総重量が8トン以上または最大積載量が5トン以上のダンプの場合は、
  「土砂等運搬大型自動車使用届出書」等が必要です。(土砂禁ダンプは不要です。)
ハ.自動車税、ナンバープレート代が必要です。(自動車取得税が必要な場合もあります)
ニ.ナンバープレート取付け後、封印を受けて下さい。  
ホ.自動車の種類によっては、別に必要となる書類があります。

 


★ナンバープレートや車検証などの送付について  
下記の内容から依頼者様でお決め下さい。  
レターパックライトでの送付 360円
(ポストに投函)  
   
レターパックプラスでの送付 510円
(受け取りの手続きあり)  
   
宅急便コンパクトでの送付 509円より
(翌日の指定が可能、急ぎの場合は便利です)  
(料金は地域別です)  
   
返信用封筒などを同封いただく場合や着払いで送付のご希望にも対応します。

 


 

★代行報酬額のお支払いについて

 

報酬額のお支払いにつきましては、個人のお客様、初めてお取引のお客様に関しましては、

全額前金で頂いておりますので、ご了承くださいませ。尚、ディーラー様、法人事業者様

からのご依頼に関しましては、ご相談させていただきます。

 

 ★お支払金額

 

代行報酬額(7,560円)+諸費用+送料となります。

 

姫路登録はプラス2,000円となります。

 

 ★自動車の登録の流れ

 

①まずは事務所にお電話かメールでご連絡下さい。

 

 手続きの内容を確認し、必要書類が揃っているか、料金などをお見積もりいたします。

 

②お見積もりがOKでしたら、料金のお支払いです、事前のお振込みでお願いしております。

 

 原則振込ですが、例外もありますので、事前に確認して下さい。

 

③書類が揃っている場合は、当事務所へ郵送などで送ってください。

 

④書類に不備がない場合は手続きを行います。